当ホテルの宿泊及び休憩の契約は、この約款に定められていない事項については、法令、又は慣習によるものとします。
ただし、当ホテルは、この約款の趣旨、及び慣習に反しない範囲で、特約に応ずることができます。

<宿泊及び休憩の引受の拒絶>

当ホテルは、次の場合には、宿泊または休憩の引受をお断りすることがあります。

1.宿泊及び休憩の申し込みが、この約款によらないものであるとき。

2.満員、満室により客室に余裕がないとき。

3.宿泊又は休憩しようとする者が、宿泊及び休憩に関し、法令の規定、又は公序良俗に反する行為をするおそれがあると認められたとき。

4.宿泊又は休憩しようとする者が、伝染病患者と認められたとき。

5.宿泊又は休憩に関し、特別の負担を求められたとき。

6. 天災、施設の故障、その他やむを得ない理由により、宿泊または休憩させることができないとき。

7.宿泊又は休憩しようとする者が泥酔状態等にあり他の宿泊又は休憩者に著しく迷惑を及ぼすと認められたとき、又は迷惑を及ぼす言動を行ったとき。

8.宿泊又は休憩者が犯罪又は刑法にふれる行為をした者と認められるとき。

9.原則的に24時間以上の連泊を目的とした利用のとき。

<料金の支払い>

当ホテルでは、宿泊料金をお客様にご了解願ったうえでお部屋をご利用頂いております。 料金等で不明な点がある場合は、予めご確認のうえご利用下さい。

<利用規則の厳守>

宿泊又は休憩者は、当ホテル内において、当ホテルが定めた下記の利用規則に従っていただきます。

1.ホテル内に次のようなものを持ち込まないこと。
(A)動物
(B)はなはだしく多量の荷物
(C)不潔なものまたは悪臭を発するもの
(D)火薬・揮発油等、発火あるいは引火しやすいもの
(E)適法に所持を許可されていない鉄砲、刀剣類

2.ベッドの中など火災の原因となりやすい場所で喫煙をなさらないこと。

3.高声、放歌や喧騒などの行為、その他、他人に嫌悪感を与えたりなさらないこと。

4.睡眠薬、その他薬品の使用はなさらないこと。

5.ホテル内で賭博及び風紀を乱すような行為をなさらないこと。

6.外来者を客室にいれたり、客室内の諸設備、諸物品などを使用させたりなさらないこと。

7.ホテル内の諸設備、諸物品をその目的以外の用途に使用なさらないこと。

8.ホテル内の建築物や諸設備に異物を取り付けたり、現状を変更するような加工をなさらないこと。

9.ホテル内で広告物を配布したり、営業行為をなさらないこと。

10.窓から物品をお投げにならないこと。

11.廊下やロビー等に所持品を放置なさらないこと。

12.ホテル外からフロントを通さず、直接飲食物の出前をおとりにならないこと。

13.ホテルの備品はいっさい部屋から持ち出さないこと。

<その他のご注意>

1.当ホテル内で突発的に病気、ケガ、事故等が発生した場合、当ホテルでは責任を負いかねます。

2.当ホテルの什器、備品、建物本体及び設備をお客様の責任において不注意あるいは故意に破損及び漏水、落書、焼きこげ等発生した場合、当ホテルが認める時価相当額を弁償あるいは賠償していただきます。

3.当ホテルの宿泊及び休憩に関する責任は宿泊者及び休憩者が当ホテルの案内版のスイッチを入れたときに始まり、宿泊及び休憩者が退出するための精算行為を持って終わるものとします。

4.ご入館後、やむを得ない事情により、当ホテルより退館を申し入れたときは、ご了承頂き、すみやかにご退館願います。尚その際、お客様からの金銭等の要求には応じかねます。

5.お客様の忘れ物に関して当ホテルは一切の責任を負いかねます。

6.お客様のどちらかお一人が先にお帰りになる場合、フロントより必ずお残りのお客様に電話で確認させていただきます。